×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2009年11月8日の試合結果

チーム    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
DUPLEX  0 0 2 1 0 0 1 0 0 4   (バ)岡本 - 内山
AFTER   0 0 2 0 0 0 0 0 0 2   (バ)大竹 - 密岡

国体予選の準決勝。当日、支部長から、来年の国体は、磐田支部で行われるため、 磐田支部からNTN以外に2チーム出場出来るとの話を聞きました。支部予選優勝チームは、無条件で、 県大会からの出場、準優勝チームは、来年春のブロック大会を勝ち上がる必要があるとのこと。 ということで、AFTERに勝てば、国体の上位大会が決定する大事な一戦となった。
試合が動いたのは、3回2アウトから、死球で出塁した内山がすかさず盗塁、続く、脩悟が、 レフトへ大飛球。それを相手レフトがファンブルし、先制。続く、 克英も右中間を破るタイムリー3塁打を放ち、さらに1点追加。 その裏、相手に連打を浴び、2点取られ、試合は振り出しに・・・。 続く4回表、ノーアウトで出塁した貴之をエラーとバントで3塁へ進め、長太のエンドランで、1点追加。 終盤の7回、長太の3塁打と淳幾の死球でチャンスを作ると、脩悟がレフト前へタイムリーヒット。
この試合のラッキーボーイは、何と言っても脩悟でしょう。3安打2打点の大暴れ。 先発の長太も9回まで、ランナーを出すものの何とか粘って良く投げました。この1勝はデカい。


チーム    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
クライム   0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0   (バ)仲枡 - 金子
DUPLEX  0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1   (バ)松下 - 鈴木(克)

結果を言うと、クライムに初勝利。国体支部予選優勝。国体県大会出場と嬉しいことずくし・・・
初回、両チームとも先頭打者が出塁するも1点が遠い。チャンスらいしいチャンスは、2回、粘りに粘った貴之が2塁打を放ち0アウト2塁。 続く、松下、由比藤がランナーを送れず、点が取れず(進塁打が欲しい場面です)ますます、重苦しい展開に・・・
守備面では、毎回のようにランナーを出すものの、エース松下が何とか踏ん張り、 9回まで、ヒット5本打たれながらも0点に抑え、試合は、特別ルールの10回へ・・・
松下が10回表クライムの攻撃を3人0点に抑え、裏の攻撃を待つ。 DUPは、10回裏、先頭の克英、続く、貴之が、この場面で最悪のポップフライ。(反省しましょう)
2アウトで打席には、松下、ピッチャーが投じた2球目がなんと、パスボールになり、 劇的な形での勝利となった。クライムには、ずっと負け続けていただけに勝ちは嬉しい。
この試合のヒーローは、やっぱり松下でしょう。球数が多くなりながらも10回を一人で投げ、 最終回には、自分は、空振りしながらもキャッチャーが後ろにそらした瞬間のガッツポーズが印象的でした。

ページトップへ

DUPLEX website MENU

Copyright (C) DUPLEX website 2009-2010 All Rights Reserved.